交通事故に遭った後

着手金に手数料に…交通事故で弁護士を頼るときにかかるお金

危険性

交通事故にあったら保険会社に連絡するだけで良いか

交通事故に遭ってしまった時に、真っ先に連絡するのは警察や保険会社という人がほとんどでは
ないでしょうか。

しかし、交通事故のなかには損害賠償や慰謝料の知識など必要なものもあります。

そういった交通事故では、保険会社に連絡することに加えて弁護士に連絡した方が
良い場合もあるのです。

とくに交通事故の被害者だった場合、相手側の保険会社から慰謝料等の支払いがあることがほとんどです。
しかし、保険会社の慰謝料や保険金の基準はかなり低く設定されていることもあります。

実は、交渉次第では増額される可能性もあります。
また、100パーセント責任の割合が相手にある交通事故ではない場合、慰謝料が減額されてしまいます。

こちらがどんなに被害者であると訴えても、保険会社はなかなか譲歩しないこともあります。
そういった時は、警察の実況見分の結果や記録などから正当な責任割合を主張することが大切です。

費用がかかる

しかし、保険金の交渉や責任割合の話し合いなど、法律に詳しくない私たちが行うことはかなり
難しいことが現実です。

また、時間も費用もかかってしまいます。
このような場合に、弁護士に相談することでこれらの問題を解決することが可能になります。

自動車保険の特約を確認しておこう

自動車保険には、特約として弁護士費用特約がついているものがあります。
多くの場合相談費用として10万円保証されることが多いので、自己負担なく相談することができます。

特約は年間少額で付けられることがほとんどです。
一度、自分の加入している自動車保険を確認してみることをおすすめします。

着手金特約に入っていない場合には、相談料などの費用は全て自己負担になってしまいます。
費用としては着手金や相談料、成功報酬などが必要になるケースがあります。

着手金は、保険金や慰謝料が入ってくるかこないかに関わらず支払う必要があります。
その金額は無料の場合もありますが、成功報酬の20パーセントや30パーセントだったりと様々です。

また、着手金は無料だけれども相談料として30分いくらと料金が発生するケースもあります。
いくら慰謝料が増額される可能性が高いといっても、こういった費用がかかってしまい実際の所
残る金額がゼロになってしまわないよう、相談料や成功報酬などは確認しておいた方が良いでしょう。

しかし、最近では相談料など無料という所が増えています。
こういった情報は、インターネットでも確認できるので相談前に調べておくこともできます。