交通事故に遭った後

交通事故トラブルは弁護士と打ち合わせて解決を

危険性交通事故に遭った場合、どんなに小さな内容でも、怪我人がいなくても
警察を必ず呼ばなくてはいけません。

そしてその際、実況身分が行われ、調書が作成されます。

実況見分調書は、交通事故の中でも人身事故が起きたときに発行され、
刑事事件を記録するもので、刑事事件に発展した交通事故において、重要な書類となってきます。

交通事故の詳しい状況が書き留められているので、弁護士に代理人になってもらい
示談交渉をしてもらうときに、被害者と加害者の過失割合を決定するために重要な書類となります。

重要な書類

過失割合を決める重要な手がかりになるため、警察が実況見分調書を作成する場合は、弁護士と一緒に
立ち会うことが大切になりますが、そんな時にすぐに連絡がとれる弁護士は中々いませんので、事故を
起こしたときの備えとして普段から探しておくと、いざというときにも安心です。

そして、実況見分調書が正確に記録されているかを弁護士と確認することも大切になります。
警察が実況見分調書を記録するのですが、警察官も人間なので書き間違いがないとは限らないためです。

事故発生状況報告書は、交通事故の状況が詳しく記録されているため、交通事故証明書とは異なり、
交通事故の損害の程度や原因、過失の有無などを判断するために必要な資料です。

判断基準になる

交通事故の被害者と代理人である弁護士が加害者が加入している自動車保険会社に保険金を損害賠償金として
請求をするのに必要となる書類でもあります。

専用用紙に書式に沿って記入するのですが、弁護士さんに助言してもらって詳しく記入した方が、示談交渉が
有利に進められますし自動車保険会社が受ける印象が違ってきます。

このように刑事事件に発展するような交通事故は、様々な警察が発行する書類を使うことが多いので、
実績のある弁護士の力を借りて代理人になってもらうと、怪我の治療が終わったばかりの忙しい時期に
手を煩わせることがなくて済みます。

納得行かない場合は署名NG!「実況見分のやり直し」について

自動車に乗っていると交通事故に遭遇する可能性は誰もが存在します。
自動車対自動車の交通事故に遭遇した場合には過失割合を決められることが多く、50:50や80:20などの数値で
表されることが多いです。

その過失割合を決める上では、警察や当事者の立ち会いの下に行われる実況見分に寄ります。
ただ怪我や打撲などで、その場から直接的に病院へ行くなどするケースも存在し、実況見分に立ち会うことが
出来ない場合も存在します。

怪我や打撲等で実況見分に立ち会えないケースでも、警察ともう一方の当事者によってそれが行われます。
結果次第では事実と反することが記載されたり、過失割合でも不利な内容を押し付けられるケースが存在します。

それは損害賠償の金額の算定にも影響を及ぼすこともあるため、当事者の一方である自分にとっても死活問題になります。
その場合に見分調書に納得がいかなければ、署名捺印を拒否することもでき、やり直しを行うことも可能です。

見分調書に署名捺印を拒否すれば調書が成立することもなく、やり直しを行うことで自分にとって不利な内容を覆すこともできます。