交通事故に遭った後

交通事故トラブルは弁護士と打ち合わせて解決を

危険性どれだけ注意しながら生活していても、予想外の場所から飛び出した
バイクにぶつけられたり、青信号で歩行中に信号無視の車に
はねられるようなことはあるものです。

はねられる

交通事故に遭うと、骨折や内臓破裂などの重傷を負うことがありますし、怪我はなくても、むち打ちによる頭痛やめまい、
しびれなどの後遺症に苦しめられることもあります。

完全に治るまで、長期間の入院や通院が必要になると、相当な医療費がかかるので、交通事故を起こした相手に請求しないと
生活が苦しくなってしまうでしょう。

とはいえ一般の方には法律の知識はないので、交通事故に遭ったときは示談交渉をしてくれる、頼れる弁護士を
探さなくてはなりません。

弁護士に依頼をするとかなりの金額になるイメージがあるため、そんな余裕はないからと保険会社に任せるだけに
してしまう方も多いようですが、保険会社に任せっきりにしてしまう方が被害者にとって損になることも多いのです。

最近では無料で相談に乗ってくれる弁護士事務所もありますので探してみる価値はあります。

交通事故の示談交渉は弁護士の腕によって成果が決まるので、出来るだけ多くの示談金を勝ち取りたいときはまず、
口コミの評判を調べるようにしてください。

口コミの評判の良い弁護士なら、依頼者の話に真摯に耳を傾けてくれますし、事故現場を見に行ったり、証拠を集めるなどして、
一生懸命に過失の割合を調べてくれるので、安心して任せられます。

しかし中には、面倒な仕事は早めに済ませたいと思い、ろくに調査をしなかったり、被害者に妥協させて、早期解決を
目指そうとするいい加減な弁護士もいるので注意が必要です。

苦しめられる

他にも最初から高圧的で、上から目線で対応したり、相談に来ただけなのにその場で依頼を強要する弁護士もいるので、
もしそんな対応をされたら別の事務所に行くようにしましょう。

 

交通事故の治療費に健康保険が使えないときの対処法

事故の治療費に健康保険が使えない場合がいくつかあります。
業務上の災害での負傷や、無免許運転や酒酔い運転、酒気帯び運転など法令違反での負傷の場合です。

事件や事故で自分以外の第三者の行為での負傷でも使えません。
交通事故の場合は、第三者の行為での負傷に当たるので使えないという解釈になります。

近年では交通事故の被害を受けたことでの傷病も給付対象になるという通達が厚生労働省から出されています。
つまり、交通事故の治療費に健康保険が使えないということはありません。

治療を受けるには手続きが必要になります。
加入している医療保険に連絡をして「第三者行為による傷病届」など必要書類を提出すれば保険証を使って
治療を受けることができます。

もし、「病院の窓口で保険証は使えない」と言われたら病院窓口で「第三者行為の届け出も済んでいること」
「厚生労働省から交通事故による傷病も給付対象になるという通達が出されていること」を伝えましょう。

それでも使用を拒まれた場合は、病院を変えて診てもらいましょう。