交通事故に遭った後

交通事故で弁護士にお世話になった後のお礼

危険性交通事故にあってしまった場合、一般的に被害者は加害者側の保管会社と話を進めます。

保険会社との話し合い

しかし、この話し合いでは揉めることもあるため、弁護士に依頼することによって慰謝料などが大幅に
増額される可能性があります。

ほとんどのケースで増額になっているため、重傷を負うなどの被害に遭った際には、弁護士に依頼した方が
確実と言えます。何よりも交通事故に付き物の面倒な交渉を弁護士に任せることができ、治療に専念すること
ができると言うメリットがあります。

治療を受けながらも加害者との話し合いに応じなければならないのは被害者にとってはかなりの負担に
なるかと思います。

依頼の際は、交通事故専門の弁護士に依頼することによって保険会社側の妥協点や過去の事例を熟知して
いるため、専門外の弁護士に頼むとでは結果が異なってきます。

また、増額がない場合は成功報酬ゼロとされている所もありますので一度確認してみると良いでしょう。

賠償問題を弁護士に依頼するための基準は「通院期間が六か月以上あるいは後遺障害十四級以上」が
ひとつの判断基準となっています。

問題が解決した場合、基本的には着手金や成功報酬を支払うことがお礼になります。

お礼をする

報酬以外にもどうしてもお礼として感謝の気持ちを伝えたいと言う場合には、事務所にいる皆で
食べられる少し高価なお菓子やお茶、コーヒーなどの品物に手紙を添えて差し上げることなどが喜ばれると思います。

後遺症の最低ライン「後遺障害等級14級」でもらえる慰謝料

後遺障害等級14級は、交通事故の被害似合われた場合に適用される東急の中で最も低いランクとなります。

しかし例え軽微であったとしても後遺障害が残る可能性がある場合には、損害賠償の請求金額にも関わってきますので、
しっかりと算出基準について把握しておくことが重要です。

交通事故での被害を受けた場合は、加害者側から後遺障害慰謝料が支払われます。
1~9号に分類されている障害をまずは確認しましょう。

その中でも最も多いと考えられるのが9号に該当する、いわゆる「むちうち」の症状となります。
9号に該当する症状は「局部に神経症状を残すもの」とされていますので、事故発生後に痛みが残ったり肩から首にかけての
コリやだるさが消失しなかったりする期間が半年程度継続している場合に該当するものと考えるべきです。

示談を行う場合には、できるだけ有利な条件を(金額)を得るためにも弁護士基準での請求をすることがおすすめです。
信頼のできる弁護士に相談して、安心感のある交渉を進めましょう。